高齢者に潜むEDのリスク

EDには色んなリスクがあるとさえ言われています。

そもそも勃起は、性的行動が終了するまで、
陰茎の海綿体へ送られた血液を保存することにより実現されます。

したがって、勃起を維持させるために、
陰茎の血管および神経が健康にしておかれるのは必要条件でしょう。

勃起のメカニズムを考えれば、恐らく、
血管と神経が果たす役割のサイズは知られています。

しかしながら、もしEDにセットされれば、
血液は様々な原因によってよく集まって止まります。

血管障害およびニューロパシーを引き起こす危険な要因はEDを引き起こします。
特に、血管障害から起こるEDは、高血圧、糖尿病および喫煙のような
血管に損害を与えることにより引き起こされます。

もちろん、割合以来、その動脈硬化症が起こります。
それが高齢になるように高くなるので、EDが起こることは容易になります。

老化に伴う男性ホルモン分泌の落下も動脈硬化症を促すと言われています。
血管障害に高血圧、糖尿病などがあれば、それは早くもっと進み、
はるかにより多くのEDの危険を高めるでしょう。

糖尿病がさらに神経上の障害を引き起こすかもしれないので、
それはダブルパンチですね…。

注意深いことに高血圧と糖尿病はいわゆる生活習慣病です。
これらを原因にするEDを、一種の生活習慣病と呼ぶことができるかもしれません。

高齢者におすすめの精力剤